プロジェクト・ネーミングの意義イメージ

ネーミングの役割は

マーケティング戦略について

それぞれの経営戦略が決まったら次は、それらに基づいて各部門が実際にどのように動けばよいのかを具体的に指示するための戦略が練られます。

具体的には、企業の経済状態や経営成績を把握したり、資金の調達・運営方法を考える“財務戦略”や、情報技術を企業の経営戦略の1つとしてどのように活用するかを決める“IT戦略”、どの人材をどの部署で活用するかを決める“人事・組織戦略”、どのような方針でモノやサービスを調達するかを決める“購買戦略”、生産コストをいかに低減させてサービスの向上を図ることができるかを決める“生産戦略”、それに消費者への販売促進のために練られる“マーケティング戦略”などと言われるものがそれにあたります。

また“マーケティング戦略”には更に、“Product (製品)”、“Price (価格)”、“Place (流通)”、“Promotion (販売促進活動)”の4つの頭文字をとった“4P”戦略や“Customer Value (消費者からみた価値)”、“Cost to the Customer (消費者の負担)”、“Convenience (手に入れやすさ)”、“Communication (コミュニケーション)”の4つの頭文字をとった“4C”戦略というのがあります。

“マーケティング戦略”はこのように更に実践的な戦略に分かれ、“ネーミング戦略”もその中の1つで、これらの戦略は頂点に位置している経営戦略から見ればかなり下の方に位置づけられていますが、下に行けば行くほど多くの期待を背負っていると言うことができます。

つまり経営戦略をより実現しやすくするために、マーケティング戦略が生まれ、マーケティング戦略をより実現しやすくするために“4P”戦略や“4C”戦略、ネーミング戦略などが練られるわけですから、今度は逆にマーケティング戦略を成功させるためには“4P”戦略や“4C”戦略、ネーミング戦略などを、経営戦略を成功させるにはマーケティング戦略をというように下から順に成功させていくことによって初めて、会社経営は好調の波に乗ることができるのです。

世の中のあらゆる事に共通していますが、経営においても足元から順に固めていくことが大切なようですね。

プロジェクト・ネーミングの意義区切り線

プロジェクト・ネーミングの意義は、ネーミングについて解説しています。

プロジェクト・ネーミングの意義Pick!:経営戦略について

“戦略”と言うと、そもそもの意味は戦争や闘争で勝利を収めるための計画や策略の事を言いますが、経営の分野においてもしばしば使われています。 戦争においては、兵士たちにとって負けるということは自分の命を落・・・・

ページの先頭へ戻る