プロジェクト・ネーミングの意義イメージ

ネーミングで大切なのは 

感性を重視すること

このように出来上がったものを見るといかにも簡単そうですが、キャッチコピーよりも短い文字列の中にコンセプトを入れようと思えばただ単語を並べただけの平面的なものではなくて、“立体的な思考”が必要とされます。

そして平面を立体にするのが“感性”であるようですが、優れた“感性”というのは短時間で身に付くものではないと思われていることからネーミングはクリエイティブな作業の中でも高いレベルのものだとされ、マーケティング戦略においても“ネーミング”の部分には、どの企業も頭を悩ませているようです。

“感性の豊かなネーミング”は、視覚や聴覚を通して消費者の“感性”を刺激し、「欲しい!」「使ってみたい」という感情を直接引き起こすことができるというのは、商売に携わる人であれば誰もが知っていることですが、では、そのような “感性の豊かなネーミング”を考案することのできる “感性の豊かな人”というのはどのような人のことを言うのでしょうか?

……一般的には、「こういう時に自分はこう感じる」とか、「今自分はこう感じる」とその時々の気分を他人に分かるようにことばで表現することができたり、絵や音楽などに表現することができたり、サービス業においてはサービスに活かすことができたり、またマーケティングなどに携わっている人であればそれを商品開発や販売促進などに活かすことができる人だと考えられています。

つまり、“感性の豊かなネーミング”を造ることができるようになるには、脳が感じていることを素直に受け止めて表現できるということが基本になります。

また私たちの多くは“自分の気分はある程度自分でコントロールできる”と認識していますが、実際には知らず知らずのうちに脳自身の感情に支配されていることが多いのだそうです。

たとえば脳は性別や年齢によってホルモンバランスが異なると心地よいと感じる語感も異なったり、他にも商品の特性と商品名を発した時の音とが合致しているときに心地良さを感じていたりというように、結構一人歩きしていることが多く、わたしたちがその後をついて行っているようです。

プロジェクト・ネーミングの意義区切り線

プロジェクト・ネーミングの意義は、ネーミングについて解説しています。

プロジェクト・ネーミングの意義Pick!:マーケティング戦略について

それぞれの経営戦略が決まったら次は、それらに基づいて各部門が実際にどのように動けばよいのかを具体的に指示するための戦略が練られます。 具体的には、企業の経済状態や経営成績を把握したり、資金の調達・運営・・・・

ページの先頭へ戻る