プロジェクト・ネーミングの意義イメージ

ネーミングの目的は

第一印象を高めるため

たとえば夜空を眺めている時に私たちの目が行くのは必ずと言っていいほど、キラキラと強い光を放って輝いている星ですよね。

これと同じことが現代のマーケティング業界にも言えます。

需要が供給を上回り、作れば作るほど売れていたかつての高度成長時代とは違って現代は供給が需要を上回る時代で、どの業種においても周りを見渡せば自分以上の競合がごまんといて優れた商品を作っても必ずしも売れるとは限らない時代ですが、そのような中で消費者に存在を認めてもらうには“個性の輝き”が必要となります。

そしてその方法の1つとして効果的なのが“ネーミング”で、これによって第一印象を高めておくことが収益アップの要因になることが多いようです。

“第一印象”に関してはさまざまな説がありますが、中でも特に注目されているのが “初頭効果”と“新近効果”です。

ところで私たちの周囲を見回してみると、「人の第一印象って当たっている」と考える人と、「第一印象の悪い人ほど実際にはいい人になる」と考える人の2種類に分かれることがありますが、これは前者が“初頭効果”が現れたもので、後者は“新近効果”が現れたものだと言われます。

“新近効果”というのは、第一印象が悪くても次第に良いところが見えてきて結局良い人だと感じる心理を言い、“初頭効果”というのはたとえば第一印象が「優しそうな人だ」というものだったらたとえ次に冷たく接しても「冷たくされたけど本当は優しい人だ」というように第一印象がずっと付いて回る心理を言います。

これに対しては、「ものごとを分析的に見る傾向の強い人に“初頭効果”が現れやすい」とも言われていますが、やはりたくさんある商品の中から自社の商品を選んでもらえることを最終目的とする現代のマーケティングの分野においては、最初に第一印象の良いネーミングなどで消費者の心をグッとつかんでおく“初頭効果”を狙った戦略で業績を伸ばしている企業が多いようです。

プロジェクト・ネーミングの意義区切り線

プロジェクト・ネーミングの意義は、ネーミングについて解説しています。

プロジェクト・ネーミングの意義Pick!:経営戦略について

“戦略”と言うと、そもそもの意味は戦争や闘争で勝利を収めるための計画や策略の事を言いますが、経営の分野においてもしばしば使われています。 戦争においては、兵士たちにとって負けるということは自分の命を落・・・・

ページの先頭へ戻る